ロイ飯田の怠惰な考察

そのへんの野良おじさんの日記。音楽、自転車、町並み散策&路上観察、トマソン、歯医者看板、AMラジオ、お笑い&コメディ、ビア(特にエール、IPA)などを語ります。

Experience PRS in Japan

PRS(Paul Reed Smith、USA、メリーランドのギター会社)ユーザーの助教授に誘われ、Experience PRS in Japanに行ってきた。
まずは豊洲「永利」*1で腹ごしらえ。

会場はディファ有明。普段はブロレスの試合などをやっているらしいが、ちゃんとしたホールがある。

まずは展示を見る。眼福。

ちょっと良いな、と思った物は軽く100万を超える。40万の物が普通に見えてしまう…金銭感覚が狂いそうで怖いよ...

アコギもあるよ

染色の実演もしていた

12弦もある。ブリッドサドルが12個独立していたり、セルフロッキングペグだったりして使い易そう

リーズナブルなモデルもある。PRSの魅力はボディシェイプに依る持ち易さ、弾き易さだったりするので、こういうのも有りだと思う。というかこれ欲しい

ベースもある。ギター同様、バランス良く持ち易い。サウンドヴァリエーションも広そう。小生が持っているグリーンのタマ杢のは50万…一枚目のはもっとする...

ライブも見られる。上手い人の演奏を生で聴くのは良いな。住友さんのスライドギターに関心。クリエイション、25年振りに観たけどカッコ良かったなあ。

最後に、ギターが当たる抽選会があった。2本目のフラットトップ&マホガニーボディのは小生の好みドンピシャだったので欲しかった...
イベント自体は11頃から始まっていて、我々が入ったのが12:30、終演は20時。長かった。楽しかったけど。

*1:池袋の永利の系列店らしい